故障する前に事前にエレベーターメンテナンスをしましょう

作業員

契約するプラン

集合住宅

古い建物の場合

マンションのエレベーターを保守するためには、専門の会社と契約をしてメンテナンスを行う必要があります。契約をするときには、基本的に二つのプランを提示されることでしょう。この二つのプランには、管理するマンションの状態によって得をしたり損をしたりすることがあります。マンションの建築年数が長くて比較的古い建物だった場合は、フルメンテナンスが適しています。フルメンテナンスではエレベーターの保守をするうえで必要なことは全て会社に任せて、必要となるメンテナンス費用を予め支払っておくというプランです。部品の交換が必要となった時に追加の費用が発生することがないので、古い建物に備え付けられていて頻繁にメンテナンスが必要なエレベーターに最も適しているといえるのです。

追加の費用が必要ない

フルメンテナンスでエレベーターの保守を契約した場合は、保守にかかる全ての費用を契約時に支払うだけで大丈夫です。フルメンテナンスでは、劣化した部品の交換や点検など、保守に必要な全ての費用が含まれています。そのため、少し高く設定されていますが長期的な視点で見たら安いものだといえます。エレベーターの保守は、定期的に行わなくてはいけないと法律で決まっています。保守を怠ると罰則が適応されてマンションの評判に傷が付いてしまいます。住民の安全を守るためには、必須の管理費用だといえます。契約を行うだけでエレベーターを正常な状態に保つことができるため、フルメンテナンス契約は人気があります。追加の費用が一切ないのも魅力の一つで、古いマンションでとくに人気があるといえます。